マラエ訪問

戦いの踊り

ホンギ(マオリ式あいさつ)

マオリダンスを一緒に

民族衣装をまとうマオリ女性

マオリの歌と踊り

ニュージーランドの先住民であるマオリ族の文化を体験できるチャンスです!
マラエとは実際に現地のマオリの人たちが学習の場や冠婚葬祭で使用している集会所です。

マラエはマオリ文化にとって、とても神聖で大切な場所です。
ここを訪問するとき、”ポフリ”というマオリの伝統儀式が行われます。マオリ語での歓迎のスピーチと歌で迎えられ、そのお返しとして日本の歌を披露することになります。
そして”ホンギ”で式は終了します。
”ホンギ”は握手をしながらお互いの鼻先をつける仕草をする、マオリ人独特の挨拶のしかたです。
これはお互いが生命の息吹を分けあうことを意味し、ホンギを交わした人は訪問者でなく、マラエに迎えられた大切な友人の一人と認められるのです。

マラエでは、伝統的なハンギ料理を楽しむことができます。
ハンギとは、特別なお祝いのときに作られるマオリの伝統料理で、地面に掘った穴に焼け石を敷き、その上に鶏やラム肉とイモ類やキャベツなどの野菜をまるごといれて、数時間蒸し焼きにしたものです。
口に入れた時、ほろりと溶けるようにじっくり焼き上げられたこのハンギ料理は、時間と心をたっぷりとかけられた、マオリの人からのホンモノのごちそうです。

最後に、マオリグループによる”カパハカ”(マオリの伝統芸能)が披露されます。
マオリの男性が伝統的な衣装をまとい、戦闘の踊りのハカには圧倒されることでしょう。その力強い声や動作、めまぐるしく変わる表情は、まさに勇ましい戦士の姿と言えます。
一方、女性は、しなやかな踊りと歌とともに、お手玉のような”ポイ”を両手に優雅に踊ります。
その優しい歌声は、いつまでも心に残ります。

あたたかい歓迎をうけて

先祖の象徴を現すマオリ彫刻TekoTeko

みんなで楽しく学ぶ

マオリ文化を初めて知ったよ

伝統的マオリ料理 – "ハンギ"